[NEWS] 国土交通省の飛行申請が劇的に早くなります!

  • HOME
  • ニュース
  • [NEWS] 国土交通省の飛行申請が劇的に早くなります!

国土交通省が4月2日から開始する、オンライン飛行申請の案内をコピペ致します。
下記内容を良く読んで頂き、これから飛行申請する方は是非参考にして下さい!

ドローンスクールジャパン福岡南校では、引き続き、飛行申請のアドバイス、ドローンの設定、操作のアドバイスを行って参ります。
お気軽にお問合せ下さい。

 

国土交通省は、ドローンなど無人航空機の飛行許可と承認手続きをインターネット上で行なえるオンラインサービスを4月2日より開始する。

国土交通省のドローン情報基盤システム(DIPS)専用サイトで申請

普及が進むドローンなどの無人航空機は、安全性を確保するために、2015年12月より航空法に基づき飛行空域及び飛行方法を規制されている。空港などの周辺や人または家屋が密集している地域の上空を飛行する場合には、国土交通大臣の許可が必要。夜間や目視外等で飛行を行なう場合は国土交通大臣の承認が必要となっている。

これらの許可/承認手続きは、飛行する地域に応じ定められた地方航空局または空港事務所等にて行なっているが、申請書の記載漏れなどで申請者と審査側とでやりとりが生じ、手続に時間がかかっているとの声が寄せられていたという。

許可/承認手続きの件数は急速に増加し、’17年は前年比約1.5倍の件数の許可承認手続きが行なわれ、今後も増加が見込まれることから、航空局では手続きの利便性向上や円滑化に向け、4月2日より「ドローン情報基盤システム」(DIPS)を整備。オンラインサービスを開始することになった。

オンラインでは場所や時間を選ばず24時間365日申請が可能。質問に答えていくと申請書が自動で作成されるため、簡単/確実に申請ができスムーズに手続きが進むという。必要な書類は全て電子的に提出でき、実績報告もオンラインで行なえる。

申請はDIPSの専用Webサイトで行なう。氏名や住所、メールアドレスなどを入力してIDを取得後、飛行に使用する機体や操縦者の飛行経歴などを入力。飛行目的や場所などの質問に答えて申請できる。記載不備などがあった場合は適宜修正して再申請。審査が完了すると許可証をダウンロードできる。

コラム