産業ドローン 農薬散布ドローン

当校のコラムページをご覧の皆様、大変お久しぶりでございます(汗

校長、何をしていますかと言いますと、スクール業務の傍ら、産業ドローンといえば、赤外線カメラ搭載などのドローンによる

調査などが頭に浮かぶかと思うのですが、なんと、農薬散布ドローンの事業のお手伝いなどをしております(笑

ドローンスクールジャパンでも、スマート農業コースが御座いますが、当校は、ドローンスクールジャパンが指定する環境条件を

満たしておらず、受講可能な環境ではありません(涙

しかしながら、当校と一緒にお仕事をしている企業様が、農薬散布ドローンを手掛けている事もあり、微力ながら、私も係らせていただいております。

最近、農薬散布ドローンについての問い合わせも増えており、農薬散布ドローンの規制も良い緩和と、大事な規制が敷かれようとしているようです。

北海道では農薬散布ドローンの普及が急加速で広がっております。

九州も田畑の多いエリアですので、今後どんどん増えてくるかと思います。

農薬散布ドローンを行うにしても、10時間の基本飛行や、GPSを切った状況で安定した飛行が可能かといった条件は、通常のドローンと同じです。

農薬散布ドローンの操縦など、様々なアドバイスも行えますので、気になってらっしゃる方は、是非お気軽に来校下さい。

お電話いただく事も多数ありますが、お電話ではいつもお伝えきれておりません(苦笑

ドローンを事業に取り入れるには、後出しジャンケンではなかなか参入しずらい環境になりつつありますので、乗り遅れてしまいますよ!

当校にて受講後、飛行申請をする方々のお手伝いも行っております。

パソコン持参で皆さん申請頑張ってますよ~(笑

校長も色々と出向いて勉強しておりますよ!

お問い合わせ、お待ちしております♪

コラム