2018年 7月 福岡県久留米市 洪水被害記録空撮動画

  • HOME
  • ニュース
  • 2018年 7月 福岡県久留米市 洪水被害記録空撮動画

2018年 7月6日 福岡県を襲った豪雨により、久留米市が至る所で冠水するなどの洪水被害に遭いました。

今後の水害に向け、現時点で今まで以上の水害が起きた場合、どのエリアが水害に弱いかという事などの参考になればと

資料映像としての意味を含め、現地消防などの皆さんの協力を得て撮影して参りました。

ドローンを活用する事で、救助にあたる方々の人命を危険な目に遭わせずに、危険エリアの確認が出来るという事は、

非常に助かる!と、消防の方々も口をそろえて言っておられました。

ただ、まだまだドローンの普及が進んでいないというか、国家試験になるの?受講の必要はあるの?という部分で

皆さんを躊躇させているのが現状です。

次世代のツールとして、間違いなく重要なポジションになるのがドローンです。

今回の動画でもお分かりになるように、ヘリコプターは高い位置から望遠で撮影しなくてはなりませんが、ドローンなら

高画質のままで低空撮影できます。

より鮮明な画像を残せるという意味でも、ドローンの空撮動画は様々な場所で資料として大いに役立ちます。

今後も活躍可能な内容で、皆さんにお伝えできるようにしたいと思います。

 

コラム