Phantom4pro(ファントム)実機を使った外壁撮影とは?

  • HOME
  • ニュース
  • Phantom4pro(ファントム)実機を使った外壁撮影とは?

本日は2つの記事更新になります。

今回は、練習機の、F-450ではなく、実際に現場で使用されている、Phantom 4 pro を使用して、外壁調査時のセンサーはどのようになっているか?
この部分に注目したいと思います。

練習機と違い、重量がある分、ファントムに機敏性はありません。

機体の動き、スピードを理解し、現場での風による動きの修正など、しっかりと理解しておく必要があります。

こんかいの動画は、センサーを作動させない状況での操作がどのような環境かを撮影してみました。

このような事もあり、業務で使用する場合は、適度な時間を見つけては、練習や、送信機に触れる機会を増やす必要があると思います。

当校では、一般販売もしている「リアルフライト」というシリーズのシミュレーションを推奨しています。

現在は「8」が最新であると思いますが、当校では「7.5」を使用しています。

これを触って指先を怠けさせないようにしていれば、現場で指が動かない・・という事にはなりにくくなります。
大手通販などで手に入りますし、当校でも購入可能です。
是非、購入か、企業ならば導入の検討を。

コラム