ドローンの測量空撮は、簡易版でもここまで来ている

  • HOME
  • ニュース
  • ドローンの測量空撮は、簡易版でもここまで来ている

画像は、PHANTOM 4 PRO で撮影し、変換させた、災害地の爪痕を3D化したものです。

細かい分析をするには専門家が使用するソフトが必要になりますが、現時点でここまで進化しています。

測量に限らず、現場を仮想体験するには最高のツールになりつつあります。

「 災害が起きる前の場所の空撮画像です。」

 

災害後の表層

上の画像は、水害の痕を撮影し、空撮した画像を元に地表面データを作成した画像になります。

PHANTOM 4 PRO の機能で、これだけの事が可能になります。

ドローンスクールジャパン福岡南校の説明会では、このような画像などをお見せしたりするなど、ディスカッションを多く取り入れております。
お気軽にご参加下さい!

ドローン操縦が上手くなるには?

コラム